秋本 夢佳
代表カウンセラー

 

熊本県熊本市出身  福岡県福岡市在住

 

       家族構成:夫 娘(2)

 

 <経歴>

九州大学 医学部保健学科卒業(臨床検査技師資格取得)

 

卒業後 日系航空会社 国際線客室乗務員として勤務 ファーストクラス担当

 

退職後 フラワーアレンジメント国際ライセンスを活かし
ウエディングブーケ制作を受注
花屋勤務を経て、フラワーアレンジメント教室を開講

 

現在 妊活や未熟児出産の経験を経て「時間を大切にする婚活」マリッジFLIGHT開業
代表を務める
 
開業への想い
結婚相談所には、社会的意義があると言われています
そしてそれ以上にマリッジFLIGHTには代表カウンセラーの熱い想いが溢れています

 

3101034_s.jpg

 

 

 

ウエディングブーケ制作

 

お花の仕事でウエディングブーケをオーダーされることがあります

 

 

お式前の控え室に渡しに行くと、嬉しさで涙ぐむ新婦と、

 

それを見守る笑顔の新郎が私も周囲も巻き込んで世界一幸せそうにしていて、

 

この素晴らしい瞬間をもっともっと増やしたいと毎回心から思っていました


 

 

 

素敵な独身者

 

仲の良い友人や、お花教室に参加される方の中には素敵な独身者がたくさんいますが

 

「結婚」したい人は多くいるのに、それを叶える場や手段が乏しい現状でした

 

 

それとなく婚活はしているのに何故うまくいかないんだろう・・・

 

 

 

辛い婚活

以前婚活をしていた友人が口々に「辛い。二度とやりたくない」と言って

続々と活動をやめていました

 

何故結婚が遠のいているのかという現状と、「結婚相談所」の仕組みを知った今、

現代の「結婚相談所による婚活」はこんなにも魅力的で合理的で、

きっと楽しむことだって可能だと広めたい

 

 

 

④結婚って素晴らしい

 

既婚者だからこそ分かる、結婚した後の色々なことって正直あります

残念ながら結婚に終止符を打った友人・親族もいます

それでも機会があればまた結婚したいという人が周囲には多いのです

 

そして私自身が結婚ていいよ、家庭ってあったかいと実感できるからこそ

それを望む方には1人でも多くの方に感じてもらいたいと思います

 

 

 

⑤少子化への恐怖

少し真面目な話ですが、高校生の時に少子化の現状とそれに起因する将来の日本について深く知る機会がありました

その時私は学生ながら、何の対策もないままその未来を迎えることに

強い危機感と言いようもない恐怖を覚えたのです

 

現代の少子化対策は既に子どもを持っている世帯に対するものが多いのですが、

政府・専門家たちから少子化食い止めの最善の策はもう出ています

 

そう、それは・・・「結婚すること」=「生涯未婚率を下げること」

 

日本の慣習として婚外子はまだまだ定着していません

つまり結婚しないと子どもを産みづらい

 

 

 

逆に結婚すれば多くの夫婦が2人以上の子どもを望んでいます

(国立社会保障・人口問題研究所  2010(平成 22)年6第 14 回出生動向基本調査より)

 

 

 

私が高校生から持っているこの危機感を拭い去る方法、

 

それは「婚活」、しかも「成婚率の高い本当の婚活」なのです

 

 

 

 

 

「マリッジFLIGHT」の由来

 

 

結婚への飛行・・・

 

人生の旅路を歩みながらも今こそ結婚へ向けたフライトに乗り込み、

 

ワクワクドキドキ楽しみながら活動していただきたい、

 

そしてそのフライトが終わった時には、

 

旅と同じように出会いを経て、もっと素晴らしい人生を歩んで欲しいという願いを込めて。

 

 

「相談所」という固い印象とも

 

従来のイメージとも違うことを感じていただけますように。

3407295_s.jpg